室生寺の紹介〜奈良の観光スポットその3

室生寺の紹介〜奈良の観光スポットその3 の内容を説明するページ。なら大好きっ子の管理人が、地元奈良県のグルメや観光・遊びのスポットを紹介


奈良なら 【奈良県のグルメ・観光・遊びスポットの紹介】 


04月08日

室生寺の紹介〜奈良の観光スポットその3

関西からは奈良の観光スポットを紹介しております。

今回紹介している観光スポットは奈良県宇陀市にある室生寺(むろうじ)その3です。

その1はこちら
その2はこちら

室生寺は山の中にあるお寺です。五重の塔から「奥の院 御影道」への道は山の寺「室生寺」を思いっきり体感できるポイントでもあります。

室生寺←こんな感じの道です。


石の階段の周りは植物だらけ。

木々や石に付いたコケがいい感じです。

画像の通り階段は長かったです。けっこう続きます。

国宝や重要文化財の指定のある建造物が多い室生寺。

実はこの植物様達にもある指定がされているのです。



ある指定とは・・・・天然記念物です。

国宝・重要文化財ときて天然記念物・・・・いいもの揃えてます。

天然記念物になったのは山の周辺に群生している暖地性シダです。品種はイヨクジャク、イワヤシダ、オオバハチジョウシダ等で、これら暖地性シダの北の限界点がここ室生山だそうです。もちろん持って帰ってはいけません。

石段を登ると、頂上あたりには京都の清水寺が・・・



室生寺 位牌堂



と思ったのは私だけではないハズ・・・きっと。

頂上には位牌堂があります。清水の舞台にも使われている「舞台造り」という構造で、山の崖や水の上に高い足場を組んで床、堂を支える建築方法です。

位牌堂と一緒にあるのが「奥の院 御影堂」

室生寺 奥の院 御影堂

ここも重要文化財に指定されており、お堂の中には真言宗の開祖、弘法大師こと空海の像が安置されております。

このお堂の頂上の露盤は石造りになっており、通常は青銅、鉄、瓦なのでとても珍しいそうです。

次回来る時は室生寺が建てられるきっかけとなった龍穴神社も訪れてみたいですね
関連記事カテゴリ奈良の観光スポット室生寺奈良の寺宇陀市
Sponsored Links


※画像について
戻る
この記事へのコメント
コメントを書く
※コメント欄へは個人情報が推測できるようなことは書き込まないで下さい。
管理人へメールを送る場合はこちらのフォームからお願いします。
おすすめなスポット・店を発見したらぜひ教えてくださいね!

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/194899531

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。